明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

2016年研究会MVP受賞企業のお声

船井総合研究所が開催する経営研究会では、毎年年末にその年に最も優れた取り組みをなされた会員企業をMVP企業として表彰しています。2016年は、43社の優れた企業が、各経営研究会にて最優秀表彰(MVP)を受賞されました。


司法書士法人 州都綜合法務事務所(佐賀県 鳥栖市/司法書士事務所) 代表社員 原 弘安 様 「自分たちの長所が分かり自信と誇りが持てました」

最初にお声かけをいただいた時は、自分たちだけでまだまだできることが残っていると感じていました。実際、地方ということもあり、ある段階まではうまくいっていたと思います。けれども、さらに上を目指そうとした時、船井総研さんの助けが必要だと考え、コンサルティングをお願いしました。

船井総研さんとのお付き合いを開始すると、さまざまな面で効果を実感しました。例えば、PDCAのサイクルが今まで以上に回るようになりました。自分たちだけで取り組んでいた時も、事務所の方向性を定め、やるべきことを決定することまではできていました。しかし、やるべきことが適切か、実行できたか、結果がどうだったかといった精査・検証が不十分でした。それが船井総研さんにサポートいただくことで、客観的に実行できるようになったのです。またスタッフのロイヤリティ面についても、地方に身を置いていると、自分たちの客観的な立ち位置を見失ってしまいがちです。それが全国の事務所の規模や各事務所の取り組みを知ることができ、自分たちを客観視することができました。そして、自分たちの長所や秀でている点がわかり、自信と誇りを持つことができるようになったのです。結果、もっともっと頑張っていこうという機運を生むこともできました。これらは、船井総研のおかげです。研究会では、同じ職業の志の高い方々が日本全国から集まってきます。そして、そうした方々が皆、惜しげもなく、ノウハウや成功事例など自分達の情報を公開してくださいます。情報を伺い、エリアややり方の違いを比較することで、自分のやりたいこと、やれることも明確にできます。研究会に入会すると、そういった仲間ができ、やるべきことも明確にできる。そうした点が、研究会の優れた点ですね。

今後は、司法書士業のノウハウはもちろんのこと、他の業種からもより多くのことを学んでいきたいと考えています。これは、さまざまな業種の知見が集まり続けている船井総研さんにこそ期待できることです。そして、そうした学びを積極的に取り入れ、自分たちの成長に役立てていければと思います。

担当コンサルタント
小高 健詩
川崎 啓

川崎 啓

【所属研究会】
株式会社 トランス・グリップ(埼玉県 狭山市/一般貨物自動車運送業) 代表取締役 竹上 清文 様 「改革スピードが上がり増収増益も実現」

以前にも物流のコンペに向けたサポートなどもいただいていましたが、私の社長就任を機に、本格的なお付き合いが始まりました。あらためてセミナーに参加して研究会に入会、その後、HPのリニューアル等で支援を行っていただいています。支援を受け始めてからというもの、採用コストを落とすことに成功していますし、増収増益で推移しています。これは、担当の河内谷さんが、当社に即した的確なアドバイスをくださり、緻密に進めていただけていることと無関係ではないでしょう。

また研究会に入会するまでは、我が社は外部から情報収集をしたり他社との比較をしたりすることはありませんでした。けれども、研究会の会員の皆さんは勉強熱心な方ばかりで、私も毎回たくさんのことを吸収できています。?だからこそ、他社の取り組みを素直に真似て取り入れ、情報公開も積極的に行うようにしました。すると、会社の改革がスピード感を持って進むようになり、社内の雰囲気も良くなりました。こうした結果が、一昨年の研究会の表彰式において新人賞を受賞、昨年の研究会大賞受賞、応募者数昨対150%&売上2桁成長達成という結果に結びついたのかなと感じています。

船井総研さんとのお付き合いを通じて、私自身の考え方も大きく変わりました。仕事をこなして利益を出すことが最優先だと思ってやってきましたが、人を通して仕事をしているのだと意識できるようになったのです。そして、社員が誇りをもって永続的に働けるような企業を目指していこうと考えるようになりました。若い人が入社しづらい業界だからこそ、興味関心を持ってもらえるようリーダーシップのある会社にしていきたいです。そして、お客様にも支持されるよう、変化・成長をし続ける企業でありたいですね。

株式会社 たむらホールディングス(山口県 山口市/産業廃棄物収集運搬業) 代表取締役 田村 伊幸 様 「大胆なアドバイスが
継続的な業績向上につながりました」

船井総研さんの研究会に入会したのは、2011年1月でした。その当時の研究会の名前は、「廃棄物処理ビジネス新世代経営者研究会」だったと思います。研究会に入会させていただいた理由は、私自身がちょうどその頃、業界に特化した「学びの場」がほしくなったためでした。 2016年には、貴船さんが研究会を各分野に特化されてできた「 環境ビジネス経営研究会 廃棄物・資源・浄化槽分科会」となりましたが、そのままずっとお世話になっています。もう6年にもなりますが、やはり1番良いのは、「師と友づくり」ができたことです。経営者というものは孤独なものなので、とても有意義で心強く感じています。

その後、研究会で半年くらい学んだ後に、今度は業界に特化したWEBサイトの必要性を強く感じるようになりました。そこで、貴船さんにWEBサイトの製作をプロジェクトとして依頼しました。完成後は、その運用と業務改善を目的に月次支援の契約をし、毎月来ていただくことになりました。業務改善については、細かく数字を見ていくことで正しい現状認識をすることができました。さらに、業種別の大胆かつ具体的なアドバイスをいただいたのです。そのアドバイスの通りに実行した結果、半年後には業績が向上し、その後、今に至るまでの数年間、ずっとこの効果は持続しています。

あの時、大胆なアドバイスをもらい、それを実行して本当に良かったと思っています。次に私が目指していることは、全従業員が弊社で働いて「良かった」 と思ってくれるような、グレートカンパニーを実現することです。

神谷建設 株式会社(愛知県 高浜市/土木工事業)代表取締役 神谷 義昌 様 「ゼロからスタートした事業が全社を牽引!営業利益は3年続けて増加中!」

きっかけは、船井総研さんから届いたセミナーDMが私の目に留まったことです。研究会は立ち上げ当初から参加しておりますが、私が目指していることを実現できると感じました。船井総研さんのコンサルタントともセミナーを通して初めて接したのですが、説得力があり、月次支援コンサルティングをお願いすることにしました。

船井総研さんとのお付き合いが始まると、今まで以上に継続的につながるお客様が増え、業績も大きくアップしました。付加価値(粗利)はずっと上がり続けていますし、営業利益もここ3年は増え続けており、営業利益率は業界平均の3倍の営業利益率17%を実現。さらに新たに立ち上げた営業部門は数字がゼロの状態からのスタートでしたが、今では社内で最も成長著しい部門になっています。若い社員ばかりの営業部門ですが、彼らの付加価値(粗利)の全社比率がどんどん増えてきています。やりがいや達成感をもって仕事に取り組んでくれているようで、お客様からも「御社とずっと付き合っていきたいと思う」と嬉しいお言葉もいただけるようになりました。

また、研究会に参加し続けることで会社の戦略がより明確になり加速したと感じています。私たちのように、悩んでいる方や迷っている方はたくさんいらっしゃるかと思います。そうした方へ向けて弊社が積極的に情報発信を行うことで、研究会への入会を決断する後押しとなれればいいですね。弊社は、人こそ全てだと思っています。今後は、会社のことを任せるに足る人財・幹部候補を一人でも多く育成していきます。そして社員が一過性ではない真の顧客、生涯顧客を増やし続けてくれればと考えています。

担当コンサルタント
釜谷 洋平

釜谷 洋平

藤堂 大吉

藤堂 大吉

株式会社 服部エンジニアリング(神奈川県 横浜市/産業機械器具卸売業) 代表取締役 服部 宏安 様 「年間販売金額1億円を目指して」

はっきりとは覚えていないのですが、インターネットで船井総研さんの「環境ビジネス発見塾」(現:環境ビジネス経営研究会 メーカー分科会)を見つけ、それに入会したのは10年以上前だと思います。

当社は50年以上、環境ビジネスを中心に、主に欧米の最先端環境技術をアレンジし、国内に紹介するビジネスを行ってきました。私が前職を退社後、最先端のアメリカにて日本にまだない技術を見つけ、販売代理店になったことがそもそものスタートです。 その後いくつかの販売代理店になった後、集塵機器で世界中の約6割で使われているGOYEN社(オーストラリア)の代理店になったのは5年前のこと。最初の3年間はごみ焼却場の販売ルートを持っておらず、年間売上目標約1,000万円は未達に終わりました。

その売上げ目標を達成するため、10年以上前から加入している「環境ビジネス発見塾」で相談し、小池さんにコンサルティングを依頼した次第です。おかげさまで今年の年間販売金額は6,000万円になりそうです。これも小池さんの提案どおり、販売方法を画期的に変えたからでしょう。2年間横ばいだった売上が1年で7倍になりました。今まで当社の販売体制は客先からインターネットなどを通して 問い合わせを待つ方法でしたが、小池さんの指導を受けて販促パンフレットの作成、セミナー開催等の販促業務を行うなど、自分たちから顧客に積極的な提案ができるようになったのです。

これらの販促ツールで得られたノウハウは、当社の他の製品販売にも大きく寄与すると確信しています。当社にとって全く画期的なご指導をいただいたことに大変感謝です。これからも販売額年間1億円を目指してご指導よろしくお願いいたします。

担当コンサルタント
菊池 功
小池 桃太郎

小池 桃太郎

藤堂 大吉

藤堂 大吉

ティーエスケイ情報システム 株式会社(島根県 松江市/電気事務機械器具小売業)代表取締役 戸谷 弘明 様 「お付き合い開始以来、業績も企業イメージもアップしました」

きっかけは、船井総研さんのセミナーに興味を持ち参加してみたことです。その後、もっとIT業界の話を聞きたいと考え、ITビジネス経営研究会にお試しで参加しました。すると、思った以上に内容が良く、参考になる事例を数多く知ることができました。参加したその日に入会してしまいましたね。入会後も、経営戦略セミナーや例会でのさまざまな企画に参加することで、グレートカンパニーの取り組みや会員企業の良い部分を参考にすることができます。?また、経営者は一人で悩んでしまうことが多い中、社長同士で本音を言い合えるところも良かったですね。これは、同じ業界の社長の集まりだからこそ可能なことだと思います。

船井総研さんとのお付き合いが2013年から始まり4年が経過しておりますが、業績は1.4倍程に伸び、研究会の1つの大きな目標である売上10億円突破、 営業利益も1億円を超え、従業員数も増えました。理由としては、船井総研さんより色々な企業の情報や成功事例をいただけ、時流を知ることができたこと。そして会社の根幹に関わる採用や、人事評価、従業員満足度向上などの面でサポートをしていただけたおかげです。実際、船井総研さんとのお付き合い開始後、経営セミナーを5回開催して、商談開拓につなげることができましたし、地域における会社の知名度、企業イメージも大幅にアップしました。担当の斉藤さんには、経営のアドバイスから弊社主催セミナーの講師まで、幅広いサポートをしていただけることも大きいですね。何かと温かい目で見守っていただいています。

今後については、弊社が得意な小中学校向けのソフト開発・システム構築の案件に、より広い地域で携わっていければと考えています。また、今できることだけでなく、AIなどの新しい分野にもチャレンジし、さらに領域を広げていきたいと思います。

株式会社 アクア(東京都 中央区/広告制作業) 代表取締役社長 原田 弘良 様「マネジメント指導での売上アップ」

船井総研さんと付き合い始めてたぶん10年くらいだと思います。 船井総研さんが実行している各業界の取り組みにも興味がわき、多くのセミナー参加を通して、さまざまなコンサルタントの方々と交流しました。その流れでお会いしたのが、現在担当いただいている岩邊さんです。彼とは親交を深め、コンサルティングを依頼したいと思っていましたが、なかなかタイミングが合いませんでした。しかし本当に彼にお願いしたかったので、その気持ちを伝え続けました。その結果、2015年にようやく依頼できることになりました。 岩邊さんはデジタルなどWEB分野のビジネスにも強いと思っていますが、実際はマネジメントの指導が中心です。「営業策として営業マンをこうしましょう」というマーケティングのアドバイスではなく、例えば幹部人事の案をはじめとしたマネジメント部分の話がすごく参考になっています。弊社にはマネジメントについての指導が必要だったのでしょう。2014年から売上は10億円を越え、今期の決算は11億円強、 TVCMの企画絵コンテ日本一、スマホゲームイラスト日本一クラスの企業になりました。岩邊さんは私の背中を後押ししてくれる存在ですね。マネジメントをはじめとした後押しは、アクアの未来を作るような指導だと思っています。 今後については2020年に上場したいと考えていますので、このIPOを意識した後押しを引き続きお願いしたいです。

ワンオータス 株式会社(神奈川県 藤沢市/そば・うどん店、配達飲食サービス業) 代表取締役 西嶋 芳生 様 「新規参入した宅配事業は3年連続増収増益を達成」

以前から船井総研さんの気になるセミナーには参加していましたが、その中の一つが堀部さんが登壇されたセミナーでした。それまで宅配事業には携わっていなかったのですが、我が社がセントラルキッチンを持っていたことと、事業に将来性を感じたことから、チャレンジを始めました。事業をスタートしてからというもの、当初月間30万円だった事業が3年間続けて増収増益を達成。今年の売上は昨対203%と高い伸び率を実現でき、宅配はお客様・従業員にとって素晴らしいビジネスだと思えるようになりました。

月次支援コンサルティングでは、当初私たちが苦手だったWEBに注力してサポートをくださいました。結果、WEBでの集客が成功したことで、外国人のお客様も増加。地域の外国人集客がトップクラスにまでなりました。また、担当の堀部さんは、今まで勘でやっていた仕事にも外部の視点からアドバイスをくださいます。それにより、ロジカルに仕事が理解できるようになり、仕事のやり方も良い方向へ変わっていきました。そのおかげで、働き方の改革と従業員のやる気の向上を同時に実現できるようになりました。

縁あって入会した研究会も非常に良いですね。全国で同じような悩みを抱えている同業の経営者が、情報を共有し合えるこのような場はなかなかありません。研究会の仲間がお互い補いあい励ましあいながら前に進んでいけるのは、船井総研さんの人脈・ネットワークがあればこそだと思います。今後は、より一層の成長を続け、私たちの会社に関わるお客様・従業員皆が幸せになれるような企業を目指していければと思います。