明日のグレートカンパニーを創る 株式会社 船井総合研究所

無料経営相談 0120-958-270 (平日 9:00-18:00)

文字サイズ
標準
拡大

お客様の声 2015

株式会社 シモジマ
執行役員 商品本部長 石川 雅秋 様より データの読める
超現場主義者

弊社が物流の諸問題に直面し、2012年から社内で物流改革に取り組みましたが、思うような成果が得られず、以前から社員研修・店舗販売などのご指導をいただいていた船井総研にお声掛けいたしました。2013年12月に廣田さんと出会い、2014年8月大阪南港に西日本地区マザーセンターを開設したことで、弊社の物流改革の第一歩を踏み出すことができました。

弊社の役員にヒアリング後、廣田さんが出してくださった物流改革計画書を拝見した時は、まさに衝撃でした。これまで点でしか見えていなかった物流が、1枚の絵にすることで全体の流れがわかり、数値化したデータが将来の物流体制を明確に示していました。廣田さんは、現配送センター全てのレイアウト検証や業務内容ヒアリングなどを、時には執拗に確認している姿がありました。廣田さん自身が納得するまでヒアリングをして裏づけされた現場認識に立っての改革案だったからこそ、素直に聞き入れることができたと思っています。正に「超現場主義」がそこにはありました。その後、廣田さんの指導のもと、計画書に基づく要件定義書の作成・3PL業者のコンペ開催および選定を瞬く間に終え、短期間での大阪南港物流センター開設にいたりました。

また、折々のミーティングの中で印象に残った言葉があります。「ロジスティクスは企業にとって武器となる。成長のために使いこなせ」。問題はわかっても、解決手法に確信が持てないのが素人集団の弱点です。廣田さんの物流に関する深い見識と豊富な経験に基づく強いリーダーシップがあってこその成果だと実感しています。弊社の物流改革は始まったばかりです。今後ともご指導のほど、よろしくお願いいたします。

担当コンサルタント
廣田 幹浩

廣田 幹浩

株式会社 ぐるなび
監査室シニアリーダー 飯塚 力大 様より 信頼があるからこその
システム構築

他社の販売管理システムを使用して、次の販売管理システムについてコンペをしたところ、滑り込みでコンペに参加されたのが船井総研ITソリューションズ(以下FIS)でした。コンペをした時に、圧倒的にわかりやすく、プレゼン資料も簡潔で、目的が明確でした。

一番よかった点はベンダー選定ができる点です。通常はその会社がベンダーにもなるため商品を売り込んでくるのですが、FISの場合、ベンダーはFISが選定した所を使うことができます。そして窓口をFISが担ってくれているので、言いたいことが言えるのがよかったです。この機能も付けたいなど、こちらの要望をわかりやすく伝わるように通訳してくださるので、逆にスムーズでした。うまくリリースし、2005年からこのシステムを使って8年目に入りました。減価償却も終了しましたが、いまだに使えるシステムとして重宝しております。常に週一回のミーティングをおこない、定期的にメンテナンスもして、コミュニケーションをとってくださるので大変ありがたいです。西山さん、ベンダー2社、弊社の4 社で取り組んでいるのですが、人間関係までも調整してくれています。非常にスムーズに、まるでサークルのようなつきあいができるのは西山さんのおかげです。

金融庁より指令を受けた日本版SOX法の対応も指導していただきました。システム統制だけでなく、業務処理も含めたところでのコンサルティングについても対応していただきました。前例がない中で、さまざまな提案をしてくださったことにとても感謝しています。

個人的なことですが、西山さんには私の結婚式にも参加いただきました。ひと言で言うと西山さんは、公私ともに相談に乗ってくれる兄のような人です。人を紹介していただいたり、いつも気にかけてくださいます。新しい案件がありましたら、いつでもお願いしたいと思っています。

担当コンサルタント
西山 直生

西山 直生

アネックスデジタル 有限公司
董事長 若林 哲平 様より 船井上海
契約第1号です

船井総研が上海に進出する時に、知人から中野さんが中国進出しているおもしろい会社を紹介して欲しいようだと聞き、その後、東京でお会いしたのがきっかけです。

2007年に中国の西安に映像制作やデジタルサイネージを手がける会社を設立しました。2009年頃から上海に営業に行っていたのですが、自社では接点のないお客様を紹介していただけそうでしたので依頼することにしました。中野さんにとっても上海に進出後、弊社が契約第1号だったのですが、中国という新たな市場で、これまでとは違う業態のお客様と取り組みをしたいという気持ちもあったようでした。

契約後は継続的に、とてもワクワクする取り組みをさせていただいており、シナジー効果も出ています。プロモーションツールとして使う透過型ディスプレイを船井総研と一緒に提案して、大手化粧品メーカーに6台購入いただき、有名デパートなどに設置していただきました。

映像は単体で売ることが難しく、映像制作とディスプレイを抱き合わせで販売するビジネスを行ってきたのですが、市場に出回っていない新しい商材ということもありお客様をゼロから開拓するのは大変なことです。中野さんの人脈を駆使して、他にも何社かご紹介いただいています。

中野さんにはコンサルティングを受けているというより、一緒に開拓していただいている感じです。船井総研にとっても新しい市場で新しい商材を売るのはチャレンジだと思いますが、今後もぜひ一緒にチャレンジしていただき、新しいワクワクを生み出せたらと思っています。

担当コンサルタント
中野 好純

中野 好純

株式会社 マモリテ
代表取締役 粕谷 宏美 様より 情熱経営との出会いが
人生を変えた

某メーカーのセミナーで岩崎さんの講演を聞き、連絡を取らせていただいたのがきっかけです。情熱経営実践研究会にお誘いを受け参加すると、さまざまな業種の社長がおられ、また、ものすごく熱い思いをお持ちの方ばかりでした。

たまたま聞いた社長のプレゼンテーションが熱く、その会社は相当な規模の有名企業にもかかわらず、今の現状に満足していないというお話が印象的でした。また、それを聞く参加者の方々もとても親身になって意見を交わしていました。これを見て「今までにはないな」と感じました。

岩崎さんの唱える『情熱経営』そのものがそこにありました。今まで私が参加したセミナーはフレームワークのようなノウハウを一方的に教えてもらうものでしたが、本で読めばわかるような内容のセミナーには何か物足りなさを感じていました。一方、この勉強会は明らかに違いました。情熱経営実践研究会に入会して、いろいろな業界の方のお話を聞いて大変参考になっています。

情熱経営実践研究会の皆さんは大変熱く、一体感がありますので、皆さんにお会いするのも楽しみのひとつです。情熱経営実践研究会で勉強させていただいて、皆さんに参考にしていただけるような発表ができる会社になりたいと思っています。

私の会社は以前は江東区にありましたが、中央区の八丁堀に移転したのも岩崎さんからのアドバイスです。まだまだ小さな会社ですが、いつかは岩崎さんと組んでお仕事がしたいと考えています。岩崎さんはスゴイです。岩崎さんに会っていなかったら、今の会社を継いでいませんし、移転もしなかったと思います。岩崎さんに人生を変えていただいたと思っています。

担当コンサルタント
岩崎 剛幸

岩崎 剛幸

株式会社 テラ・ウェブクリエイト
代表取締役 寺田 克彦 様より 10億円企業の
ステージを目指して

研究会の会員企業である社長からご紹介いただき、昨年1月に研究会にお試し参加しました。さまざまな企業の事例が聞けることや、何より成功事例だけでなく、上手くいかなかった失敗事例も共有しているところがすごいなと思い、本入会することにしました。全国から参加される社長と会話することが刺激になっています。特に地方で頑張っている同じ規模の会社の事例を参考にしたり、うまく真似たりして、自社ですぐに取り組める事例があるのがよいと思います。

定期支援では、実際に現場に入って一緒になって汗をかいていただき、業績アップのために当社の社員と共に考えたり、資料作成などもしていただいています。業績も前年比の売上額が270%アップと3倍近い伸びになりました。2年連続で今期も同じ伸び率を見込んでいます。クラウドという市場自体が成長していることもありますが、その流れに乗るために斉藤さんから政策や方法などをアドバイスしていただき業績アップすることができました。

また、船井総研のグレートカンパニーツアーを通じて、世界的な大企業が、どのような考え方で経営しているのかという学びや気づきがありました。私が広い視野で考えることができるようになったのは、船井総研のおかげだと思います。

当社はまだ創業期ではありますが、企業として大きくしていきたいと思っています。企業の成長ステージに合わせて、その時々の支援が必要になってきますので、まずは売上10億円を目指すにあたって支援をしっかりお願いしたいです。それを超えた後の次のステップも、引き続きご支援していただきたいです。

担当コンサルタント
斉藤 芳宜

斉藤 芳宜

三和事務機販売 株式会社
代表取締役 飯沼 良孝 様より 唯一無二の
コンサルタント!

きっかけは東日本大震災の前年の秋にいただいた『保守エンジニアが90日で売上を作る方法』というセミナーの案内でした。当時はMFPの単価の競争が激しく、このままでは将来がどうなるのかと不安を持っていた時でした。

コンサルティングをスタートした直後の3月に大震災に見舞われ、一時は放射能の影響で避難を検討しながらの営業活動でした。そんな中でも那須さんは電話で励ましてくださったり、風向きによる放射能の影響がわかる情報などを送ってもくださいました。その後、震災も落ち着き、コンサルティングを再開しました。

営業やエンジニアと現場に同行し、一緒に汗をかく那須さんの姿は今までのコンサルタントとは全く違うものでした。また業界の情報を豊富に持っている那須さんのご指導は社員からの信頼も厚く、とても頼もしい存在です。弊社では営業とエンジニアの人数がほぼ同数なので、エンジニアが売上を作れると戦力が倍になります。以前は営業の売上とエンジニアの保守料の売上で成り立っていました。現在はそこにエンジニアの売上が加算されるようになり、おかげさまで今では安定的に売上が上がるようになり、収益は以前よりも大幅に増えつつあります。展示会の企画やチラシもとてもスピーディに作成され、さらにはセミナーの講師もしていただき、すべて大きな成果に繋がっています。

また研究会では、全国の販売店の方から現状の取り組みや販売手法などの成功事例が直接聞けるので、そこが非常に魅力を感じるところです。

那須さんは、我々のために時間を気にせず親身に、自ら進んで新たな課題に取り組んでいただける唯一無二のコンサルタントです。末永いおつきあいを今後ともよろしくお願いいたします。

担当コンサルタント
那須 慎二

那須 慎二

有限会社 駒形モータース
代表取締役 佐々木 精太郎 様より 今後のさらなる
ご支援に大期待!

船井総研とは、2年前にオートビジネス経営研究会エリアサークルに無料お試し参加したことが一番初めの出会いです。弊社では、ちょうど人事評価について改善が必要な時期であり、ぜひ勉強したいと思い、参加をしました。その際、評価制度の研修内容に衝撃を受け、入会をさせていただいた後、評価制度を導入するためのご支援をお願いしました。当時、服部さんの前任者にお願いしていたのですが、震災直後の時期とも重なり、弊社の社員が9名退職するという最悪の状態になった時期もありましたが、ご指導いただきながら社員一丸となり、何とか乗り切ることができました。おかげさまで社員総会も毎年開催しています。

前任者から引き継いだ服部さんには、最初から弊社の中古車販売の改革を期待しておりました。早速、軽未使用車の販売開始に向け、他店舗の視察や勉強会を始め、営業マンのスキルアップの支援に取り組んでいただきました。展示場も従来の中古車展示場から軽未使用車専門店の展示場に変えるため、小型車や低年式の車を一気に軽未使用車に入れ替え、リニューアルオープンをすることができました。また、過去に行ったことがないこととして、2013年のお正月5日間では、初売りを経験させていただき、人口約3万人の町にある弊社でも、5日間のイベントで来場者数32組、販売20台と、当初の目標を達成をすることができました。その後も毎月のチラシ配布、展示会の開催と、成約台数を着実に伸ばしていただいています。

服部さんに初めてお会いした時は、弊社の多くの社員よりも年齢が若く、頼りないイメージもありました。しかし今では販売、整備、評価制度、組織活性化など、あらゆる面で弊社をサポートしていただき、よきアドバイザーとして私も高く評価しています。弊社の社員も何か疑問や不安があったら服部さんに聞いたら大丈夫である、と非常に信頼しています。

今後は、新店舗のオープンも予定していますので、服部さんを頼りにしています。さらに素晴らしいご指導を願っております。

担当コンサルタント
服部 憲

服部 憲

有限会社 グラフィックアルファ
代表取締役 渡邊 年正 様より 実直に地道に端的な
わかりやすい支援

写真館フォーラムのDMを拝見し、年1回、数回参加させていただきました。自社の可能性を診断したく、無料相談をお願いしてみようと思ったのが最初のきっかけです。井口さんはすごく誠実で、わかりやすく丁寧に対応して下さる所が素晴らしいと感じています。

以前、よそのセミナーなどに参加して「勉強になったなあ」と感じていても、実際に自社に置き換えるとなかなか実行できなかった、という経験があります。井口さんは自社に合わせた最適な言葉で継続的にご指導・ご指南くださるため、私たちは次から次へとあらゆることを実行できるようになりました。お世話になり数年が経ちましたが、自分たちだけで考え行っていた会社運営やマーケティングとは大きく違ってきたと感じています。

弊社は昨年3月に移転をいたしました。準備期間中には事業計画に良いアドバイスをいただき、おかげさまで順調に多くの事が行えたと実感しています。井口さんと出会い、支援いただくことにより、私たちは本業である「技術・サービスの向上に熱心に取り組み続けられる安堵感」を得ることができました。イコールそれは「好きで得意とすることをやり続けられる喜び」でもあります。さらに、今まで方法がよくわからず右往左往していたマーケティングや社員教育など、教えていただいたノウハウを実践したら、若い人たちが個々のパフォーマンスを活き活きと発揮できるような会社になりました。今後も「打ち合わせであがった内容を次までにどれだけやれるか」を重点的に、そして船井流に則り『過去オール善』で、「ここからをどうするか」というところに注力して進んでいきたいと思います。

ひとつの道具もない個人創業からスタートし、ここまで成長できた奇跡を更に積み重ねられるよう、井口さんに絶対的な信頼をして頑張ってまいります。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

担当コンサルタント
井口 章

井口 章

株式会社 ことぶき精肉店
代表取締役 伊藤 忠昭 様より 二杉さんのおかげで
100%社員が幸せ

弊社にはこの11月で4年目になる飲食事業部があります。それまでは食肉の小売と卸売の2本柱でやっていました。

二杉さんとの出会いは5、6年前の『焼肉経営戦略セミナー』です。その頃はまだ飲食店は始めていなかったのですが、二杉さんからその当時全国にあった2万5千軒くらいの焼肉屋さんにチラシを積極的にまくという卸事業の新規顧客獲得の提案をいただいたのを機に、ご依頼を決めました。いわゆる紙媒体を使ったBtoB通販です。それを進めていくと、卸事業部で新たに2億円の売上が上乗せとなりました。

また、ニ杉さんのコンサルティング先の全国の焼肉屋さんにも伺い、二杉さんがお店に対して提案するメニューに合わせて、どのお肉を使うのがよいかをお話しさせていただくと、そのご縁で弊社との取引が3、4社決まりました。こうして二杉さんは卸事業部の業績アップのきっかけを作ってくれたのです。

次にご支援いただいたのが、二杉さんの専門分野である飲食事業部の立ち上げです。最初に焼肉店を立ち上げました。さらに焼き鳥店とカツ丼店を立ち上げ、この3年間で計5店舗の飲食店をオープンさせました。現在は来春までにオープンする2店舗の準備を進めています。おかげさまで飲食事業の売上は会社全体の3割、総利益では50%を占めるまでになり、前期決算は創業以来、過去最高益となりました。 二杉さんにはすごく感謝しております。

今後、期待することは、弊社が持っていない視野で新しい店舗を出す際に、いろいろなアドバイスをしていただくことです。また5、6年先の組織体制を今まで以上にマクロな視点からイメージして提案してほしいと思っています。今の弊社があるのは、100%二杉さんのおかげです。

担当コンサルタント
二杉 明宏

二杉 明宏

日本食品開発促進 株式会社
代表取締役 永尾 俊一 様より 岡さんは、船井流
マーケティングの権化

船井総研とのおつきあいは20数年前、白ハトグループの白ハト食品工業で始まりました。最初は大野専務の勉強会から参加させていただいたのがきっかけです。

岡さんに初めて指導していただいたのは15年前です。弊社の受け入れ態勢が未熟でしたので岡さんからのご指導を消化できず、その時はあまり結果が出なかったのです。それから10年が経ち、私が直接担当になったのを契機に、やはりもう一度岡さんに指導していただきたいと、ご支援をお願いした次第です。

まず岡さんには、私どもの組織的な問題点をご理解していただきました。現在は、その上でしっかりとした営業体制を構築するためにポイントを絞り込むためのご指導をしていただいています。

具体的に言いますと、今までは食品メーカーなので物を売っていくという営業姿勢でした。それが経営理念やモノ作りに対するこだわりを持つことにより、「モノ売り」から「コト売り」へ、いわば、「物語性」などを売って行くという方向性に改善しました。今では定着し、さらには人材にも効果が出て、新しいお取引先との取り組みも決まりました。

岡さんは卓越したマーケッターであり、船井流マーケティングの権化です。多方面のデータとトレンドを踏まえながら、ちゃんと数字の裏づけとポイントを押さえた情熱的な指導をしてくださいます。激変していく小売業界の中、スーパー、コンビニ向けの新しい柱となる商品開発や、幹部の人財育成を今後もお願いしたいと思います。船井流岡スタイルをビシビシと弊社の営業に染み込ませて下さい。本当に感謝しています。ありがとうございます。

担当コンサルタント
岡 聡

岡 聡